京佛師 櫻井琮夕 略歴

昭和51年 父、京仏師櫻井琮山の長男として生をうける (本名 精太郎)

平成元年 宗教芸術院 仏画教室入門

     松久宗琳師に師事

               第二十五回宗教美術展 初出品 仏画『仁王像』

平成02年 第二十六回宗教美術展 出品 仏画『普賢菩薩像』

平成05年 宗教芸術院 仏像彫刻教室入門

      第三十一回宗教美術展 初出展

平成07年 京都市立銅駝美術工芸高等学校卒業

                松久宗琳佛所に内弟子として入門

平成11年 宗教芸術院 仏像彫刻教室 本部講師就任(~16年)         

平成16年 松久宗琳仏所より独立

平成21年 雅号を「琮夕(そうせき)」とし、櫻井佛像彫刻工房にて造像に当る

平成22年 奈良市美術館にてグループ展 『明星塾仏像彫刻展』

平成24年 現代仏教美術展出展
平成27年 銀座ギャラリーNOAHにて個展『京佛師 櫻井覺山・琮夕』開催

      新潟三越美術画廊 グループ展『仏像の祈り』出展
      渋谷東急百貨店本店 美術画廊『仏像の美』展出展
      経済産業大臣指定伝統的工芸品  京仏具 伝統工芸士認定

現在、弟、覺山と共に全国の寺院仏像彫刻及び修復に携わる

NHK守口仏像彫刻講座講師

© 2015 kakuzan sakurai All Rights Reserved. ​