仏教が日本に伝来して、以来1400年以上もの間、 姿や技法を様々に変化させながら

現代の仏師まで受け継がれてきた仏像彫刻の技法―

 ―昭和まで脈々と受け継がれてきた技法は、大仏師 松久朋琳・宗琳両師匠より、

開設者である京佛師 櫻井琮山へと託され、約五十年、数多くの仏像を謹刻して参りました。

 現在では琮山の長男・琮夕、次男・覺山にその襷は渡され、櫻井佛像彫刻工房として、

全国の寺院様や在家信者様等に納めさせていただいております。

 施主様の想いや意向を大切に、先達の創造性溢れる崇高な技法や感性を受け継ぎつつ、

人々が手を合わせる崇高なお姿を求め、御一人々々の為の仏様をお迎えすべく謹刻にあたっております。

櫻井琮夕
櫻井覺山
櫻井琮山

© 2015 kakuzan sakurai All Rights Reserved. ​